インフォメーション

三洋工具は1964年に設立し、超硬合金とダイヤを素材にした切削工具、耐摩工具、工業用刃物の設計、開発、製造を手掛け、自動車製造、航空機製造、建設などの分野で多くのお客様の厚い信頼をいただいて成長してきました。どんなに高価な工作機械でもカッティングツールの精度が良くなければ高品質な製品を生み出せません。創業以来、「製品は誠の心をこめて作るべし」を社訓とし、「精度」「耐久性」「コストパフォーマンス」に配慮した高品質の製品をお届けできるよう努力しております。NC、MC化は勿論のこと、FMSによるオートメーション化は一層進み、使用工具への精度、品質がシビアに要求されている中、三洋工具の製品はお客様の絶大なご支持を受けております。今後とも設備の高度化に努めると共に技術の向上を図り、お客様からのさらなる信頼と期待に応えるべく邁進する所存です。

小野昌晴

会社概要

社名 三洋工具株式会社
設立 昭和40年4月
資本金 9,800万円
代表者 代表取締役 小野 昌晴
所在地 本社
〒141-0032 東京都品川区大崎3-6-21ニュー大崎213号
TEL(03)3490-6821(代) FAX(03)3490-0027
E-mail: mail@sanyotool.co.jp
事業内容 超硬合金切削工具・耐摩工具・ダイヤモンド工具・特殊工業用刃物の設計、開発、製造、販売
従業員数 109名
主要取引銀行 城北信用金庫本店営業部、三菱東京UFJ銀行五反田支店、三井住友銀行五反田支店、みずほ銀行五反田支店、 八十二銀行市田支店、飯田信用金庫高森支店
主要取引先 三菱マテリアル(株)、住友電気工業(株)、(株)デンソー、(株)アライドマテリアル、(株)サカイ、日産自動車(株)、松江松下電器(株)、中央工機(株)、富士精工(株)、大阪工機(株)、井澤金属(株)、アイシン精機(株)他(順不同)

沿革

1964年3月 東京都北区に三洋工具製作所を創設
1965年4月 三洋工具株式会社に改組
1967年6月 長野県下伊那郡高森町に高森工場を建設
1968年3月 本社工場の設備を高森工場に移設、操業開始
資本金700万円に増資
1969年10月 高森工場第二期工事完了
1976年7月 高森工場第三期工事完了
1978年6月 資本金1,400万円に増資
1978年11月 本社社屋取得
1979年4月 資本金2,100万円に増資
1980年3月 高森工場第四期工事完了
1984年8月 高森工場第五期工事完了
1984年9月 資本金3,200万円に増資
1990年10月 米オハイオ州にSANYO TOOL OF OHIO, INC.設立
資本金$300,000
1991年3月 資本金4,705万円に増資
1993年2月 高森工場を長野事業所に改称
1993年6月 SANYO TOOL OF OHIO, INC.をSUPERION, INC.に改称
1993年9月 SUPERION, INC. $500,000に増資
1995年3月 マレーシアにSTC CARBIDE TOOL MFG, SDN. BHD.設立
資本金RM$1,000,000
1995年10月 資本金7,000万円に増資
1999年7月 資本金9,800万円に増資
2001年5月 ISO 9001認証取得
2003年8月 名古屋営業所開設
2007年4月 大阪営業所開設